集客と宣伝の基礎知識

[WEB集客]新規顧客の開拓~ネットで知ってもらうには?~

[WEB集客]新規顧客の開拓~ネットで知ってもらうには?~

SNS、ブログ、WEB広告といったオンラインでの集客は、地域の壁を取り払ってくれるので、全世界の人をお客様にできる可能性を秘めていますが、逆にライバルも全世界に広がるということを意味しています。

戦略を立ててうまく利用することで、集客の可能性を大きく広げましょう。

ネットで新規のお客様を獲得するためには?

インターネット上では、まだあなたを知らない人に「知ってもらう」きっかけは、簡単に作ることができます。主な「きっかけ」は以下の通り。

  • Instagram
  • Twitter
  • Tiktok
  • YouTube
  • ブログ
  • オウンドメディア
  • WEBサイト
  • 告知サイト、協会サイト
  • プラットフォームサイト
  • WEB広告(有料)

WEB広告はもちろん、SNSでの交流、検索エンジンからブログやサイトへの来訪、YouTubeなどの動画サービスや、ネットのお店やイベントをまとめているプラットフォームサイトなどなど。
集客のチャンスが大きく広がることもあるので、ぜひいろいろな方法を試してみてください。

SNS集客ってどうやるの?

Instagram、Facebook、Twitter、TiktokなどのSNSで情報を発信して集客につなげることを、一般的に「SNS集客」と呼んでいます。
手軽に始められるので人気ですが、実際にはお客様が欲しがる情報を提供することで、知ってもらい、信頼してもらい、ファンになってもらうことで購入へつなげていく…という長い過程が必要な作業のため、結構コツと忍耐力のいる手段でもあります。

普通の人が宣伝をしようとしてSNSを始めても、まずフォロワーは付きません。

まずは、読んでもらいたいお客さんたちが喜びそうな情報やエピソードなどをメインに発信して、ファンをつけていくことが大切。
お客さんが読みたいと思いそうな内容を自分がしたい宣伝の発信よりも多くして運用するのが、フォロワーを集めるコツです。

仕事上のアカウントだからと「絡み」に行くのを控えるのではなく、どんどんフレンドリーに色々な人と会話を交わして、ファンを作るつもりで運用すると、フォロワーが広がっていきますし、良いイメージを持ってくれる人も増えていきます。

大量にフォローをして、フォローバックを待つような運用方法は嫌われますので、逆効果。
フォローバックしてくれるのは全部宣伝アカウントだった…みたいなことがよくあります。
誠実に、自分も交流を楽しむという姿勢が一番大切です。

Youtubeで動画を公開する

YouTubeもチャンネル登録を集めてファンを増やしていくという意味では、広義のSNSにあたります。
ちょっと難易度はあがりますが、ハンドメイド系の方なら制作過程を公開してみたり、ちょっとしたお役立ちのレッスンを動画にしてみたりと、興味を持ってもらえるような内容の動画をYoutubeに公開するのもオススメです。

スマートフォンで撮った動画でも全然okですし、Youtubeの編集機能で文字入れなども可能なので、特殊な技術はなくても大丈夫。

集客ブログ・オウンドメディアを運営するには?

WEB集客をする上で、「ベース」となるのが「オウンドメディア」や「ブログ」。
色々な手段で集めてきたお客様を、ブログやメディアへ流すことで、あなたのサービスや商品、そこにかける想いなどを深く知ってもらうことができます。

ただ、こちらもSNSと同様に「パッと作ってさっと人があつまる」みたいなことはなく、ある程度コツコツと作り上げていくものです。
無料ブログでも大丈夫なので、自分が書きやすいブログ、お客様が集まりやすいブログを選んで開設しましょう。

無料ブログを選ぶなら、女性の場合は、「アメーバブログ(アメブロ)」か、「はてなブログ」がオススメです。
アメブロは、ママ講師さんや小さなお教室をやっている方も多く利用していて、コミュニティもあり、アクセスを集めやすい仕組みができています。

はてなブログは、技術系のノウハウをじっくり書いている人や、社長さんの個人ブログもたくさんあり、しっかり読ませたいブログにオススメ。
ユーザーもネットリテラシーが高めの人が多く、「はてブ」がつくことでアクセスアップも狙えます。

はてなブログも、アメブロも、単純なブログというよりはSNS的なつながりも作りやすいので、初心者でも簡単にアクセスが増やせます。
全ての無料ブログに言えることですが、いつサービス終了やアカウント凍結が起こるかわかりませんので、バックアップはこまめにとっておきましょう。

集客に使えるブログの運用方法
参考集客に使えるブログの運用方法

続きを見る

WEBサイト(ホームページ)を公開する

本格的なサイトを作ろうと思うと、ウン十万円~百何十万円なんて価格になってしまうので、こだわるのはある程度お教室が軌道に乗ってきてからでも大丈夫。
自分で更新できないwebサイトを作るくらいなら、きちんと更新されているブログのほうがずっと集客効果はあります。

ただし本格的にネットからの集客を考えるのであれば、いずれはオリジナルのホームページを作って、本腰を入れて運用していく必要があります。
特に、企業とのやりとりや助成金、借入などを検討する段階になると、WEBサイトは「存在の証明」として提出を求められることが増えていきます。
事業を大きくしていくのであれば、制作を計画の中に入れておきましょう。

ホームページで集客するには?
参考ホームページで集客するには?

続きを見る

告知サイト・協会サイトで宣伝

ジモティいこーよスマイリーマムなどのサイトは、ワークショップやイベントの告知が可能です。
毎日大量の投稿がされているので、埋もれてしまう可能性もありますが、無料で使えることが多いので検討してみましょう。

Facebookグループや、アメーバなどのSNSでも告知がokとされているグループなら告知できますので、自分に合いそうな場所を調べてみましょう。

また、資格をお持ちの場合は、資格を発行している協会のサイトで宣伝が出来ることもあります。
協会のサイトは「〇〇が習いたい!」と思っている方が探しにくる場所ですので、ぜひ利用しておきましょう。

プラットフォームサイトを利用する

大きなところでは、楽天市場やAmazon、ハンドメイドであればminnneやCreema、セミナーや講座であればストアカなどの「そのサイト自体にお客様がいて、出店者の一部として他の商品を買いに来た人に見てもらえる」というサイトも、ぜひ有効に利用していきましょう。

これらのサイトは、集客をしてくれる代わりに手数料が多めに取られますが、起業したばかりの頃は「知られていない」ことが一番のハードル。
プラットフォームサイトで販売をすることで、通りがかりのお客様をGETできる可能性は無視できません。

起業初期では、上手に取り入れたいところです。

手作り品の販売サイト&アプリの特徴と儲かる販売方法
参考手作り品の販売サイト&アプリの特徴と販売方法

続きを見る

-集客と宣伝の基礎知識