起業のお悩み解決コラム

レジンアクセサリーの資格取得におすすめの講座をレベルと目的別に紹介!

レジンアクセサリーに関する資格は様々な団体が発行していますが、どれも民間資格なので大きな差はありません。
それぞれの資格講座には、「受講するだけで資格取得」「テストを受けるだけで資格取得」「道具や材料がすべてそろっていてすぐに始められるもの」など、さまざまな特徴があります。
自分が取得しやすい期間や内容のもの、受講しやすい形のものを選びましょう。

レジンアクセサリーとは

レジン作家に資格は必須なの?

レジン作家として制作、販売、ワークショップなどを行うにあたり、資格は必要ありません。
資格がなくても、活躍している作家さんはたくさんいらっしゃいます。

ただ、初心者の方が効率よく技術を身に着けたい場合には、独学で学ぶよりも講座を受講したほうが早いことは確実です。
また資格をもっていることで、名刺やSNS等でアピールすることができるため、「しっかりした技術を持っている」とお客様に一目で信頼してもらえるというメリットもあります。

初心者の方は特に、講座を受講して技術を身に着けながら資格を取得してしまうのがおすすめです。

すでにある程度の実力がある方でも、試験を受けるだけで取得できる資格もあるため、自分の技術を保証するアイテムとして資格を取得することはプラスになるはずです。
特にワークショップなどで「人に教える」ことを目指す場合には、資格があると信頼度が大きくアップします。

完全初心者さんにおすすめの「レジン資格取得講座」は?

レジンアクセサリーの製作にはライトや各種樹脂などさまざまな材料が必要になるため、「これからレジンアクセサリーの作成に挑戦してみたい!」という場合は、道具や材料がそろって届くPBアカデミーの「LEDレジンアクセサリー認定講師」講座がおすすめです。

LEDレジンアクセサリー認定講師資格取得講座(PBアカデミー)

LEDレジンアクセサリー認定講師資格取得講座

必要な材料や道具がすべて揃っているので、まったくの未経験からでも、教材が届いたらすぐに安心してはじめられます。
質問も回数無制限でメールは24時間受付なので、わからないことが出てきてもすぐに解決できます。
テキストにはレジンとはなにか?という基本から、プロのテクニックまでしっかり解説されているので、受講を終了して認定講師資格をとれば、すぐに自宅開業も可能
実際にネックレス、イヤリング、リングなどのアクセサリーを作りながら技術を身に着け、完成したアクセサリーの写真とレポートを送ることで資格が取得できます。
本格的なディプロマがもらえるうえ、わかりやすく教えるノウハウも身につくので、自信をもってお教室を運営したり販売をしたい方には特におすすめ。
万が一講座を受講しても資格に合格できなかった場合には、返金制度もあるので安心です。

資格名LEDレジンアクセサリー認定講師
認定団体PBアカデミー
受講料69,000円(税抜・送料別)/ 3,600円x24回払(初回のみ 4,659円(税込))
受講期間4ヶ月
特徴通信講座 質問は無制限で可能 ディプロマあり 資格取得後は自宅スクール開講可能

資料請求は無料なので、まずは資料を取り寄せて内容を詳しくチェックしてみてください。 

\まずは無料で資料請求/

公式サイトから資料請求

※不合格時返金制度あり。資料請求で20%offの早割あり。

簡単にレジン資格を取得したい!方におすすめなのは?

レジン資格取得講座プラチナコース(SARAスクール)

「レジンアートデザイナー資格(日本デザインプランナー協会)」と「UVレジンレジンデザイナー資格(日本インストラクター技術協会)」の資格を取得するための通信講座です。

プラチナコースなら、受講を完了すれば講座内の添削課題をクリア&卒業課題を提出すると試験が免除されるため楽に&確実に資格が取得できます。

資格名レジンアートデザイナー(JDP) UVレジンデザイナー(JIA)
通信講座SARAアカデミー
受講料 79,800円/プラチナコース(資格保証) 59,800円/基本コース(試験対策)
受講期間6ヶ月
特徴通信講座 質問は無制限で可能

詳しくはこちら

ベテラン向け!直接受験できるレジン資格は?

すでに技術も自信もあるという場合は、直接受験して資格をとるのもアリです。

レジンアートデザイナー認定試験

受験資格:特になし
受験料:10,000円(税込)
受験方法:在宅受験

詳細・受験申込はこちら

UVレジンデザイナー試験

受験資格:特になし
受験料:10,000円(税込)
受験方法:在宅受験

詳細・受験申し込みはこちら

関連記事

レジンアクセサリー作家

レジン=樹脂をUVライトやLEDライトで固めたレジンアクセサリーを販売したり、ワークショップの開催をします。

続きを見る

-起業のお悩み解決コラム