家事代行・家政婦としての起業に必要な資格と収益化方法

個人のお宅に訪問し、掃除、洗濯、料理、買い物などの一般的な家事を行います。
契約内容によっては、お子さんの送迎や保育、ペットの散歩などを依頼されることも。
共働き家庭の増加にともない、需要が高まっています。

家事代行・家政婦

こんな方におすすめ

  • 料理が得意
  • 掃除、片づけが大好き
  • 人を助ける仕事がしたい
  • 特別な資格がなくても活躍できる仕事がしたい
  • 色々な人と触れ合いたい
起業するための資格
起業の難易度
 (とても簡単)
収益化方法
初期費用
なし
メリット
デメリット
ある程度の体力が必要
働く時間が依頼者の都合で左右される
月収目安
数万~数十万円
準備するもの
なし

家事代行とは?

個人の家へ訪問して、掃除、洗濯、料理などの一般的な家事を行います。
いわゆる「専業主婦(夫)」が行う範囲の仕事なので、「風呂掃除」といっても専門的な薬品を使用するわけではなく、家庭にあるもので行う日常的な掃除になります。
お客様の要望が様々なので、子どもの送迎を頼まれたり、高齢者の世話、通院の補助なども依頼されることがあります。

家事代行・家政婦

[参考] 家政婦(夫)(厚生労働省職業情報提供サイト)

家事代行・家政婦の仕事内容は?

フリーランス、もしくは派遣として企業へ登録し、マッチングサイトなどを通じて仕事を受けます。
この際、「子どもNG」「犬NG」などの条件を付けることができますので、無理な仕事は受けなくても大丈夫。

不在時に家事を行うこともありますので、信頼されることが第一です。
お客様との良好な関係が築ければ、リピーターの多い仕事なので、個人でも集客に苦労することはないでしょう。

家事代行・家政婦に関連する資格

家事代行は資格不要で活躍できます。

-