ベビー服作家としての起業に必要な資格と収益化方法

赤ちゃんの洋服や小物を制作して販売します。
資格や認可不要で開業でき、ワークショップやハンドメイドショップやフリマでの販売が中心。
大人服に比べると少ない材料費で、高単価のものが販売できるという特徴もあります。

ベビー服作家

ベビー服作家に向いている方は?

  • ハンドメイド(裁縫)が好き
  • 子育て中・子育て経験あり or 妊娠中
  • 可愛いものが好き
  • 副業でハンドメイドをしたい
  • 自分のブランドが持ちたい
起業するための資格
起業の難易度
 (かんたん)
収益化方法
初期費用
ミシン(数万円~) 裁縫セット、材料費(数万円)
メリット
デメリット
自分が作成できる数に限りがある
オリジナリティがないと高価では販売できない
材料費がかかる
通販作業が大変
月収目安
数千円~数万円
準備するもの
裁縫セット、布、糸等

ベビー服とは?

赤ちゃんの肌着から洋服、お宮参り用のドレスや夏の甚平、小物としてはスタイやおむつポーチ、授乳ケープなどを制作することも。
素材にこだわる人が多いジャンルなので、オーガニックコットンや肌に優しいダブルガーゼなどの素材にこだわった丁寧な作品や、プレゼント用に名前の刺繍を入れたものも人気です。

ベビー服作家の仕事内容は?

ベビー服や小物を制作、販売します。
ミシンでの制作が多いですが、手縫いでも縫い目がきれいであれば不可能ではありません。

ベビー服の販売方法は?

セレクトショップや、ハンドメイド雑貨を扱う店舗が近所にあれば、委託販売してもらうことができます。
また、ネット上のハンドメイド販売サイトで委託販売したり、ネットショップを開設するのもおすすめです。

手作り品の販売サイト&アプリの特徴と儲かる販売方法
手作り品の販売サイト&アプリの特徴と販売方法

ハンドメイド作品を販売するのに覚えておきたい「販売ルート」「ネットショップ」「アプリ」などを詳しくまとめています。

続きを見る

ベビー服作家に関連する資格

ベビー服や小物の制作、販売に資格は必要ありません。

-