「集客できない!?」ママ起業家とちいさな講座の集客サポートメディア

ことまと

集客講座

第一回 なぜかお客さんが集まらないと悩んでいませんか

更新日:

ゆり
こんにちは。 ママのための集客サポーターゆりです。
ママ起業、おうちサロンにあこがれて、お教室をはじめてみたものの、なかなかお客様があつまらない…とお悩みではありませんか?

美咲
やっぱり、お金をいっぱいかけないと集客なんてできないのかな。

…そんな結論は「ちょっと待った!」です。

お金をかければ、集客ができるのは事実です。
でも、ちいさなお教室にとっては、宣伝費をかければかけるほど、赤字運営まっしぐら。

大切なのは「費用対効果」なのです。

知識のないまま、やみくもにお金をかけるのではなく、自分の出来ることから「正しい集客」をはじめてみませんか?

ゆり
きっとあなたのお教室にも、大金をつかう前に「まだやれる」ことがあるはずです。
web集客のプロの私と一緒に、あなたのお教室にあった「集客方法」を考えていきましょう。

第一回目の今回は、「集客」と「宣伝」に関する考え方をお話します。
ここを間違えていると、いつまでたってもお客様は集まりません。

「良い講座だから自然にお客様は集まる」は間違い!

美咲
私の講座は、受けてもらえばゼッタイ満足するし、役に立つことをしているんだから、何もしなくても、そのうち人気が出るはず!
ゆり
自分の講座に自信があるのは、とてもいいことだね。
美咲
でもなかなかお客さんが集まらないのよね。
みんな見る目がないと思わない?
ゆり
ところでその素晴らしいあなたの講座が、いつ、どこでやっているのか、どうやって知ればいいかな?
美咲
え、それは私のfacebookをみてくれれば…

 

実はこういう方、結構多いのです。

お客様は、あらゆる手段を駆使して自分の講座の情報を求めてくれるはず!という無意識下での勘違い
「私のブログをみてくれれば…」というのも、同じようなパターン。

現代はとにかく情報過多です。

あなたの家のトイレに貼った張り紙は、あなたと家族しか読めません。
逆に、みんなが使うトイレの正面に貼られた張り紙は、何のつながりもない沢山の人が読んでしまいます。

美咲
わかった!
公園のトイレいってくる!
ゆり
ちがーう!
例えばよ、たとえば!
公園のトイレに勝手に貼り紙するのはNGです!

つまり、情報を届けたいのなら、みんなの目につく場所に出さなければ意味がないのです。
どんなに良いものでも、露出経路がなければ売れません。

ゆり
だからこそ、大企業が大金をかけてテレビでコマーシャルするのです。

逆に言えば、露出経路さえしっかり確保していれば、よほどダメな商品でなければ売れてしまうのです。

うちの講座は口コミで広がるはず…も間違い!

「そのうち口コミで…」というのも良くあるパターンですが、口コミを広げてくれる人がいなければ、そもそも始まりません。

口コミは、スタートの時点で期待するべきものではありません。
沢山の人があなたのお教室にふれるようになって、そのなかですごく満足してくれた人のうちの数人が、少しずつ口コミで広げてくれるようになります。

注意しておきたいのは「悪い口コミ」のほう。
良い口コミに比べて、悪い口コミのほうが広がりやすいので気をつけましょう。
宣伝文と内容があまりにかけ離れていたり、お客様が不快に思うような出来事があれば、悪評がばーっと広がってしまうこともあります。

全てのお客様にご満足いただけるお教室は不可能かもしれませんが、きちんと心をこめてフォローすることで、あからさまな悪意をむけられる確率は減らすことができます。

大げさに宣伝するのって恥ずかしくない?

美咲
宣伝文句なんて、分かればいいよね?
なんか、「ママと赤ちゃんがやさしく触れ合う」とか「これまでに1000人が受講」とか大げさなこと言いたくないんだけど…。
ベビーマッサージ教室。初心者でもお気軽にどうぞ」だけでいいかな。
ゆり
気持ちはわかるけど、自分が「ベビーマッサージ教室。初心者でもお気軽にどうぞ」を読んで参加したいと思うかな?
美咲
うーん、思わないかも…

自分を売り込むのが苦手なママ講師さん、実はかなりたくさんいらっしゃいます。
実際に数十人のママ講師さんとお話したり、ご相談にのってきた中でも実はここに苦労されている方が多いのが現実。

もちろん、「1000人が受講」が嘘の場合はダメですが、自分の実績には自信をもってしっかりアピールすることが大切。
どんな思いを持ってお教室を開催しているのか、どんなところが自分のウリなのかは、恥ずかしがらずにアピールしなければいけません。

書かれていなければ、お客様はあなたの魅力を知ることができないのですから。

費用対効果は常に頭にいれておく

美咲
雑誌に広告載せたら、お客さん増えたよ~!
ゆり
何人増えた?
美咲
んー、10人くらいかな?
ゆり
それって、全員雑誌の広告をみて申し込んだ人で間違いない?
美咲
聞いてないけど、多分そうだと思うよー

お教室を開く以上、あなたは「ビジネス」をしているわけです。

ビジネスには費用対効果の考えは必須。
何人のお客様を集めて、お一人いくらの参加費をもらうか。材料費、必要な経費はどれくらいか。
きちんと計算すれば、どれくらいの金額が宣伝にかけられるのかが、ざっくりとでもわかります。

たとえば…
10万円かけて、雑誌に広告を載せてもらったけど、それを見て申し込んでくれたお客様は2人だけだった。
この場合、1人のお客様を集めるために5万円がかかってしまったことになります。
あなたの講座が、一人あたり30万円を超えるならそれでもまあアリかもしれませんが、3000円の参加費だった場合、とんでもない大赤字ということになります。

ただ、この場合もしっかりお客様の流れをチェックしていなければ、この広告で一体何人の人が来たのかがわかりません。
お金をかけて宣伝する場合は、常に、「いくらかけて」「その宣伝を見て何人が申し込んでくれたのか」をチェックしてください。

これを繰り返すことで、あなたのお教室にはどんな宣伝方法が最適なのかも分かってきます。

 

おうち教室や講座などの集客に役立つ情報をお届けしています

友だち追加

  • この記事を書いた人
ゆり

ゆり

男男女3児の母。 薬剤師から、某IT企業のサーチエンジンクオリティアップチームを経て、現在はフリーのwebマーケター&ライター。 20年前からホームページの作成を開始し、現在は薬剤師の月給以上をブログ収益のみで稼ぐ。 東京都品川区をベースに、親子向けの講座やイベントを運営する「ママかつ」のIT部門担当。 「ママかつ」で講師活動をする「ママかつ認定講師」養成講座のライティング&集客講師。 品川区と協働で開催する子育てイベント「品川子育てメッセ」IT広報担当。 品川区の子育て情報サイト「しなっこねっと」の運営など、子育てママをいろいろな側面からサポート中。

-集客講座

Copyright© ことまと , 2019 All Rights Reserved.